タリバンと協議中止 トランプ氏、再選へ米軍削減固執か

2019/9/9 17:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=中村亮】2001年に始まったアフガニスタン戦争の和平協議が一転して暗礁に乗り上げた。米軍とアフガンの反政府武装勢力タリバンが話し合いを続けていたが、トランプ米政権はタリバンによる米兵らへの襲撃を理由に中止を一方的に表明した。これに対しタリバンは強く反発し、同勢力と対立するアフガン政府も米側への不信感を募らせる。和平をめぐる利害調整は一段と複雑になってきた。

アフガンを含む海外駐留米…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]