/

この記事は会員限定です

ホルムズ危機に備えはあるか JERA小野田社長に聞く

そこが知りたい

[有料会員限定]

米国とイランの対立の緊迫化で、ホルムズ海峡が封鎖される懸念が強まっている。資源の乏しい日本がエネルギーの安定調達を維持するために、どのように地政学リスクに対応していくのか。液化天然ガス(LNG)の輸入量で世界最大のJERAの小野田聡社長に聞いた。

――ホルムズ海峡が封鎖された場合、LNGの代替調達は可能ですか。

「カタールとアラブ首長国連邦(UAE)からLNGを700万トン程度購入している。世界か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン