eスポーツ協賛、トヨタも銀行も 若者と接点作り

東京ゲームショウ
アジアBiz
2019/9/10 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

対戦型ゲームをスポーツとして楽しむ「eスポーツ」が急拡大している。2019年の世界市場は1000億円を超える見通しで、海外では数十億円の賞金を奪い合う大会が相次いでいる。プロゴルフを上回る賞金が動く背景にあるのは、スポンサー企業の急増だ。熱狂する若者を取り込もうと、トヨタ自動車やサントリーホールディングスなど消費財メーカーに限らず、メガバンクなども相次ぎイベントを支援する。ただし、世界の中で日本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]