[FT]米銀、金利低下と長短金利逆転で収益悪化

FT
2019/9/9 17:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米最大手銀行の一部は今週、経営幹部による投資家向けの説明会を開く。金利低下と長短金利の逆転(逆イールド)によってもたらされた収益見通しの下方修正が相次ぐことになりそうだ。

JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)、ゴールドマン・サックス、ウェルズ・ファーゴ、シティグループ、モルガン・スタンレーの米ウォール街六大銀行は、その大半が短期金利の低下を予想していた。2019年4~6月期…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]