岩手県の達増知事4選 復興完遂へ問われる手腕

2019/9/9 16:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

8日投開票の岩手県知事選で、野党共闘を掲げた現職の達増拓也氏が25万票差で4選を決めた。任期中には、国による東日本大震災被災地の重点支援期間が終わるほか、地域活性化の呼び水とする次世代加速器の誘致も正念場を迎える。山積する課題を解決し、復興完遂に向けてどう連携していくのか、手腕が問われる。

「復興をきちんとやらなければいけない。特に地域振興が大事だ」。当選から一夜明けた9日、達増氏は県庁で出先機…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]