台風15号で運休・休校、北関東でも

2019/9/9 16:08
保存
共有
印刷
その他

台風15号の上陸に伴い、北関東でも多くの鉄道で始発から運休や遅れが生じ、通勤通学に影響が出た。児童・生徒の安全や通学に配慮して、小中学校や高校を休校する自治体も出た。ただ建物の損壊など目立った被害はなかった。

鉄道では各社が始発から各線で運転を見合わせた。JR東日本高崎支社では、高崎線や両毛線など上下線合わせ49本が運休、14本に遅れが生じ、約11万人に影響が出た。東武鉄道やつくばエクスプレス(TX)、ひたちなか海浜鉄道なども安全が確認できるまで運休となった。

茨城空港では8日の福岡発茨城着の1便が欠航し、9日も午前に茨城を発着する6便が欠航した。大洗―苫小牧間のフェリー「さんふらわあ号」も8~9日に欠航が発生した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]