2019年9月23日(月)

[FT]海外直接投資の4割弱は節税目的の「幽霊」資本

経済
ヨーロッパ
北米
FT
2019/9/9 16:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の海外直接投資(FDI)の多くは実体のない「幽霊」資本であることが、最近の研究で明らかになった。生産的な活動への資金供給よりも、支払う税金を最少化する目的で投資されている。

国際通貨基金(IMF)とコペンハーゲン大学が実施した研究では、世界全体のFDIの40%弱にあたる15兆ドル(約1600兆円)は「事業活動の実体がないペーパーカンパニーを通じて」投資されている。

これらの企業は金融工学に用…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。