/

この記事は会員限定です

福山市と法政大学大学院、兼業副業の効果を検証

[有料会員限定]

地方自治体として初めて企業人を兼業副業人材として受け入れた広島県福山市で、その効果を検証するワークショップが7日開かれた。法政大学大学院の石山恒貴教授とゼミ生21人が福山市の鞆の浦を訪れ、市職員や兼業副業を実践している人々と議論。「新しい働き方が、それを実践する個人や受け入れた自治体だけでなく、送り出す企業にも効果を与えている」との意見が相次いだ。

「2018年の調査では企業の8割が兼業副業に後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り280文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン