ソフトバンク、端末代を最大半額に 通信契約なしでも

携帯料金見直し
ソフトバンク
2019/9/9 12:46
保存
共有
印刷
その他

携帯料金の新サービスを発表するソフトバンクの榛葉副社長(9日、東京都港区)

携帯料金の新サービスを発表するソフトバンクの榛葉副社長(9日、東京都港区)

ソフトバンクは9日、スマートフォンなど端末代金の支払いを最大で半額にする販売方法を導入すると発表した。48回の分割払いで、25カ月目以降に端末を返却して同社指定の機種に切り替えれば残りの支払いを免除する。通信契約なしで利用できる。10月に端末代と通信料金のセット割引などが禁止されるのに合わせ、消費者の端末購入の負担感を和らげる。

端末販売の新プログラム「半額サポート+(プラス)」を13日から順次、提供する。利用にあたっては月額390円の利用料を24カ月の間、支払う必要がある。

同社はこれまで端末代金を4年間の分割払いにしてスマホの購入代金を最大半分にする代わりに、回線を途中解約した場合に追加負担が発生する「4年縛り」のプランを提供していた。通信契約を結ぶことが必要だったが、今後はソフトバンクとの通信契約がなくても利用できるようにする。

今後は携帯端末の新たな販売方法が焦点になりそうだ(都内の家電量販店の売り場)

今後は携帯端末の新たな販売方法が焦点になりそうだ(都内の家電量販店の売り場)

このほか格安ブランドとして展開する「ワイモバイル」ではスマホ向け料金プランを10月1日に改定し、月額料金を最大12%引き下げる。

携帯電話料金を巡っては、政府が10月1日に端末代金と通信料金のセット割引を原則禁じる改正電気通信事業法を施行する。端末の値引きは2万円までに制限され、利用者の端末代の負担感が増すと懸念されていた。

NTTドコモは6月からスマホを36回の分割払いにし2年後に返却すれば残り12回分の支払いを免除するプログラムを導入した。KDDIは9月末までに端末の新たな販売方法を発表するとみられる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]