ドラレコ、あおり特需以外にも 旅の思い出投稿

消費を斬る
日経MJ
2019/9/10 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ドライブレコーダーの販売の勢いが止まらない。撮影した映像が決め手となって表面化したあおり運転殴打事件の影響で、需要が急増しているためだ。かたや旅の記録や運転技術の改善に使うなど事故対策以外の目的で購入する消費者も増えている。背景には高画質の旅行記やドライブリポートとして使うケースが増えていることがあり、「ドラレコ」は特需では終わらない雰囲気を漂わせている。

9月上旬、平日の昼下がり。カー用品店「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]