藤の花の片口 島本理生

エッセー
2019/9/13 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

昨年に『ファーストラヴ』という小説が直木賞を受賞したことで、ありがたくも忙しい日々が続いていた。

今年になって、仕事が一段落したときに、ふと

「そういえば直木賞のお祝いを自分に買っていなかった」

ということに気付いた。

受賞時には友人たちや各出版社から個性豊かなお祝いを色々頂いた。

外国の瓶ビールがダースで届いたかと思えば、作家の羽田圭介君からは

「島本さんといえばお酒なので」

とおつまみ代わりの高級チ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]