消えた「必要最小限度」 自民9条改憲案の破れ目
編集委員 清水真人

憲法改正
内閣改造
政治アカデメイア
清水 真人
コラム(政治)
政治
2019/9/10 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

内閣改造・自民党役員人事で憲法改正シフトを狙う首相の安倍晋三。同党の改憲4項目の条文イメージ素案には、解釈に火種を残す玉虫色が目立つ。核心の9条の新条文素案からは自衛権行使の限界を画すキーワード「必要最小限度」が消え、今の政府解釈を逸脱しかねない破れ目ものぞく。頻繁に責任者を代えると、これらの論点が引き継がれるかどうかも定かでない。

■焦点は自衛権行使の限界

「自民党は条文イメージ(たたき台素案)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]