/

GDP1.3%増に下方修正 4~6月、設備投資下振れ

内閣府が9日発表した2019年4~6月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.3%増、年率換算で1.3%増となった。8月に発表した速報値(前期比0.4%増、年率1.8%増)から下方修正した。製造業を中心に企業の設備投資が速報段階の推計値から下振れし、全体が押し下げられた。

設備投資は実質で前期比0.2%増と、速報値の1.5%増から大幅に下方修正された。財務省が2日発表した4~6月期の法人企業統計を反映した。米中貿易摩擦のあおりで製造業を中心に生産能力を抑える動きが広がり、同統計では全産業の設備投資額(ソフトウエアを除く)が前期比1.6%減と3四半期ぶりにマイナスに転じた。

一方、GDPの過半を占める個人消費は0.6%増で、速報段階から変わらなかった。4~6月期は改元に伴う大型連休などが消費を押し上げた。政府消費や公共投資はプラス改定となり、設備投資の減少分を穴埋めした。内需の寄与度はプラス0.6%で、速報段階のプラス0.7%から微減にとどまった。

輸出・輸入ともにわずかに上方修正したが、外需の寄与度は速報と同じマイナス0.3%だった。内閣府は「設備投資が大幅な下方修正となったものの、内需が経済をけん引する形は変わらない」と説明した。

4~6月期の名目GDPの改定値は前期比0.3%増、年率では1.1%増だった。名目ベースでも速報段階から下方修正された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン