スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

空手・清水、ライバル下し優勝 プレミアリーグ

Tokyo2020
2019/9/8 18:15
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪の新競技、空手のプレミアリーグ東京大会最終日は8日、日本武道館で各種目の決勝が行われ、形女子で2014年、16年世界選手権優勝の清水希容(ミキハウス)が昨年世界女王のサンドラ・サンチェス(スペイン)を決勝で破って優勝した。

【関連記事】空手・形で喜友名と清水V プレミアリーグ、荒賀ら組み手頂点

女子形決勝で演武する清水

女子形決勝で演武する清水

2人の演武が終わり、一度は勝者を示す審判の腕が清水に上がった。ただ、電光掲示板の表示は清水、サンチェスともに27.68点。沸き立っていた観客席が再び静まりかえり、前例のないタイマッチへ突入した。

「まさかここでかと。できれば避けたかった」と清水は振り返る。ただ、心は緩むことなく次に行う形を即決。明らかに腰が浮き、手足のキレが鈍った相手とは対照的に、最後まで自慢のスピードは落ちない。「無心で演武した」と持てる力を体いっぱいに解き放ち、技術点、競技点ともにサンチェスを上回った。

1点差未満の接戦を何度も繰り広げてきた2人。今回勝敗を分けたのは戦略の差だろう。「(延長戦が)いつかはあると思っていた」と清水は日ごろ使用する4つの形に加え、もう1種類も「ジョーカー」として準備。2度実戦で試し、審判の評価をうかがいながら来る日へと温めてきた。

1度目の演武で使用した勝負形は中盤でミスし「勝った感じはあまりない」と反省もある。ただ、今季対戦成績で負け越している世界女王に意地は示せた。「これからも勝ったり負けたりを繰り返すんだなと。良きライバルです」と清水。2人の戦いは1年後の同じ舞台まで続いていく。

(堀部遥)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
男子種目別決勝 平行棒で着地を決め、ガッツポーズする萱和磨(シュツットガルト)=共同共同

 「完璧だった。もう言うことない。練習してきたことの全てを出せた」。自画自賛の嵐で振り返った平行棒は、まさに今大会の萱の集大成といえる出来だった。

 一つ一つの倒立を確実に、きっちり止めて次の技へと進ん …続き (10/14)

女子個人総合決勝 シモーン・バイルスの床運動(10日、シュツットガルト)=共同共同

 予選、団体総合決勝に続く今大会3度目の登場で、3度目の会心の演技を余裕たっぷりに披露した。女王バイルスは「全体的にいい演技ができて最高の気分」と笑みを振りまき、史上最多となる5度目の栄冠の余韻に浸っ …続き (10/11)

男子400メートルリレーで日本は2大会連続の銅。今回は狙いにいって取ったという点で前回大会より価値がある=共同共同

 6日に閉幕した陸上の世界選手権で日本は3つのメダルを獲得した。ロード種目以外で唯一となった男子400メートルリレーは2大会連続の銅。彼らにしたら最低ラインかもしれないが、前回のロンドン大会より狙いに …続き (10/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]