JR首都圏在来線、9日始発から運休 東急や京急も

2019/9/8 17:09 (2019/9/9 4:16更新)
保存
共有
印刷
その他

台風15号の影響で最終列車を繰り上げ、閑散とする東海道新幹線の改札=8日午後7時6分、JR東京駅

台風15号の影響で最終列車を繰り上げ、閑散とする東海道新幹線の改札=8日午後7時6分、JR東京駅

JR東日本は8日、強い台風15号の接近に伴い、首都圏のすべての在来線で、9日の始発から午前8時ごろまでの運転を見合わせると発表した。台風通過後の線路点検などを行うためで、被害などがあれば運転再開はさらに遅れるとしている。

【関連記事】台風15号、千葉市付近に上陸 停電72万軒

同社が台風の接近前に、始発から全路線の運休を発表するのは初めて。被害の有無にかかわらず、京葉線は午前10時ごろまで、湘南新宿ラインや上野東京ラインの上野―東京間は午前中の運転を取りやめる。

東急も9日の始発から東急線全線で運転を見合わせると発表した。安全確認後に運行するが、通勤時間帯は本数を大幅に削減する。

小田急、京急も安全確認のため、始発から運転を見合わせる。

東京メトロは有楽町線豊洲―新木場間の運転を9日始発から午前8時ごろまで見合わせる。東西線も始発から午前10時ごろまで、西船橋―東陽町間を運休する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]