気象庁「早めの避難・安全確保を」 台風15号、関東上陸へ

2019/9/8 11:11
保存
共有
印刷
その他

強い台風15号が8日夜から9日にかけて関東に接近し、上陸する恐れがあるとして、気象庁は8日午前11時から臨時の記者会見を行い、首都圏などでは記録的暴風の恐れもあり、予報課の中村直治予報官は「風が強まる前に暴風に備え、早め早めの避難や安全確保をしてほしい」と呼びかけた。暴風や高波、土砂災害や低地の浸水などへの警戒も必要だ。

気象庁によると、台風15号は8日午前9時現在、八丈島の南約190キロの海上を時速約30キロで北西へ進んでいる。中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートルで、中心から半径90キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

台風15号は強い勢力を維持したまま伊豆諸島近海を北上し、8日夜から9日にかけて関東に接近し、その後上陸する恐れがある。

9日午前6時までに予想される24時間雨量は関東甲信と東海300ミリ、伊豆諸島200ミリ。その後の24時間は東北と関東甲信が50~100ミリ。

各地で風も強まり、9日にかけて予想される最大風速は関東と伊豆諸島40メートル、東海35メートル、東北30メートル。波の高さは伊豆諸島10メートル、関東9メートル、東海8メートル、東北7メートル。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]