スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

バスケ日本4連敗、チーム機能せず大量失点

Tokyo2020
2019/9/7 22:30
保存
共有
印刷
その他

日本は戦う集団の体をなしていなかった。W杯前の強化試合で1勝1敗だったニュージーランドは切り替えの速さと3点シュートが特徴。その怖さを全員が体感してきたはずなのに、この日も好き放題走られ、シュートを放たれた。

【関連記事】日本4連敗、NZに81-111 バスケ男子W杯

第1クオーター、挟まれてマークされる渡辺=共同

第1クオーター、挟まれてマークされる渡辺=共同

素早い戻りと体を張った守備という対策が全く機能しない。「いい攻撃で終われず、コンタクトも足りなかった。気迫で負けていた」と比江島。八村が離脱し、司令塔の篠山も欠場する中、各自の「自分が」という思いが空回りしたようだ。

31得点と気を吐いたファジーカスの個人技以外に攻め手がなく、外角で消極的なパス回しを強いられる。難しいシュートを外しては速攻を繰り出されての大量失点。「相手は遊んでいたし、日本代表として恥だと思う」。9得点の渡辺は試合直後、自らに怒りをぶつけるように話した。

「W杯前に良い流れで来ていたので4連敗はすごく痛手。状況がW杯前と全然違うが、結果は求めないといけない」とラマス・ヘッドコーチ。2日後のラストゲームまでにチームは立ち直れるのか。これまでにない重苦しい雰囲気が漂っている。

(鱸正人)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする

 13日に閉幕した体操の世界選手権で日本男子は団体総合が昨年に続き銅メダル、個人も種目別平行棒の萱和磨(セントラルスポーツ)の銅1つという結果だった。大会を通して最も印象的だったのはロシアの強さ。東京 …続き (10/17)

ヨネックスのストリンギングチームの玉川裕康さん

 ヨネックスは東京五輪でテニスラケットのストリング張りを一括で請け負う。同社にとって五輪は4大会連続。世界中から選ばれた精鋭ストリンガー12人が東京・有明に集結し、トップ選手たちをサポートする。
 専属 …続き (10/17)

選手に寄り添い、一人ひとりの特徴を把握することに努める

 歓喜に沸いた2008年北京五輪から12年の時を経て、ソフトボールが東京で復活する。再び金メダルを目指す日本を率いるのが、かつて主砲として活躍した宇津木麗華監督(56)だ。自国開催の重圧に加え、宿敵米 …続き (10/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]