iPhone1強に転機、10月から端末値引き制限

携帯料金見直し
2019/9/7 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米アップルの「iPhone」1強状態だった日本のスマートフォン市場が転機を迎えている。10月1日の携帯電話販売の新ルール適用で端末割引が最大で2万円に制限され、携帯大手がアップルの一部機種を大幅に値引きして顧客を囲い込む戦略がとりづらくなるためだ。アップルはルールを策定した総務省に異を唱え、足元では最後のチャンスとみた駆け込み販売が活発になっている。

「前の世代の製品で様々な価格帯を設けることで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]