/

この記事は会員限定です

公明閣僚、連立の距離映す 幹部候補や重鎮、党首も

(更新) [有料会員限定]

11日の内閣改造で国土交通相に公明党の赤羽一嘉政調会長代理が就任する見通しとなった。公明党からだれが入閣するかは同党の連立政権へのかかわり方を映してきた。

赤羽氏は衆院国交委員長などを務め、国交行政に詳しい。初当選が同期の首相とは親しい間柄だ。公明党が重視している兵庫が地元で、次の衆院選を見据えた人事ともいえる。山口那津男代表が6日、安倍晋三首相(自民党総裁)と会い、赤羽氏を推薦した。

赤羽氏と交...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン