「キャッシュレス決済、導入支援したい」 小池都知事

2019/9/7 16:00
保存
共有
印刷
その他

東京都がキャッシュレス決済の普及に向けた動きを加速している。小池百合子知事は7日、戸越銀座商店街(東京・品川)を訪れ、キャッシュレス決済の取り組みを視察した。小池氏は記者団に「商店街が栄えるため、(キャッシュレス決済の)インフラを整えることをバックアップしたい」と表明した。

商店街としてキャッシュレスを推進している(7日、戸越銀座商店街)

小池氏はクレジットカードで簡単に決済してテークアウトのコロッケを買うなどし、キャッシュレスを導入する店舗に使い勝手などを聞いて回った。同商店街はアメリカン・エキスプレスやジェーシービーと組み、クレジットカードを使った簡単な決済方法の導入を進めている。

小池氏はキャッシュレス決済の普及について「(デジタル技術で社会課題を解決する)『ソサエティー5.0』を進める東京にとっては大きなテーマに位置づけている」とした。

また、都が導入の検討を始めた独自のデジタル通貨については「キャッシュレスを踏まえた形で世の中のSDGs(持続可能な国連の開発目標)を推し進めるもの。皆さんになじんでいただける制度にしたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]