/

この記事は会員限定です

中小、人材確保へ実業団 スポーツとの両立呼び水に

[有料会員限定]

全国の中小企業でスポーツの実業団チームを創設する動きが相次いでいる。競技と仕事を両立できる環境を提供し、人材確保につなげる狙いだ。実業団チームを廃止する大企業があるなか、競技を続けたい若者の受け皿が広がっているが、人材定着には課題もある。

静岡県焼津市で2019年4月、社会人野球チーム「焼津マリーンズ」が本格的に活動を始めた。戸崎建設(焼津市)が発案し、佐藤建設(同)、水産加工業のマルイリフードサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン