/

玉木氏「秋にも統一会派」 榛葉参院幹事長はけん制

国民民主党の玉木雄一郎代表は7日、静岡市で開かれた静岡県連大会で講演し、立憲民主党と合意した衆参両院での会派合流方針について「秋の臨時国会に向けて統一会派を進める」と理解を求めた。これに対し、静岡県連会長を務める榛葉賀津也参院幹事長は合流を急ぐ必要はないとけん制した。

7月の参院選静岡選挙区では、立民が新人候補を擁立して現職の榛葉氏と争った経緯がある。

大会後、玉木氏は記者団に「大局的判断だ。それぞれの党の良さを生かし、野党全体として力を発揮できる態勢づくりを急ぐ」と述べた。「野合」批判を避けるため、社会保障や経済政策での一致が不可欠だとした。

榛葉氏は大会で「臨時国会に間に合わせるため合流するのは筋違いだ。互いが納得して対等な立場で進める」と語った。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン