2019年9月16日(月)

北朝鮮南部にミサイル基地、日本を射程か 米研究所

北朝鮮
トランプ政権
朝鮮半島
北米
2019/9/7 7:12
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は6日、北朝鮮南部にある中距離弾道ミサイルの秘密基地に関する分析結果を発表した。北朝鮮が公表していない約20カ所あるとみられるミサイル施設の1つで、有事には日本本土を射程に入れた1千キロメートル級のミサイルを運用する可能性があるという。

CSISが公表した北朝鮮の秘密ミサイル基地(CSISのサイトより)

CSISが公表した北朝鮮の秘密ミサイル基地(CSISのサイトより)

基地は1991年ごろから建設が始まったとみられ、ソウルから北東に165キロメートル離れた「クムチョンニ」と呼ばれる場所にある。当初は射程500~600キロメートルの短距離ミサイルを運用していたが、その後に1千キロメートル級の中距離ミサイルを格納するようになったとされる。

CSISは射程2千キロメートルの「北極星2号」など新型の中距離ミサイルを配備した場合、日本全土を射程に収める可能性があると指摘した。米朝の非核化交渉の議題になっているかは不透明だが、CSISは「将来の米朝合意には北朝鮮のミサイル基地の申告や検証、解体も対象に入れなければいけない」としている。

北朝鮮は5月以降に短距離弾道ミサイルなどの発射実験を繰り返し、ミサイルの精度向上を図っているとみられている。トランプ大統領は米本土への脅威にならないとして容認する姿勢を示しているが、それが北朝鮮の挑発行為を助長しているとの指摘もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。