「借金王」の財務規律 金融界、強まる「一蓮托生」
ソフトバンクG 磁力と死角(下)

2019/9/6 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2号ファンドの設立にあたり、責任者のラジーブ・ミスラは、みずほ銀行に1号の200億円を上回る出資を求めた。みずほ銀が示した額は最大5億ドル(約530億円)と、前回の2倍を上回るものだった。

【関連記事】
・巨大マネー、新興AIのむ 「投資ありき」ゆがみも
・ソフトバンクG、シェアこそすべて 車競合も巻き込む

みずほ銀がソフトバンクグループから協調融資の組成などで得る手数料は多い年で数百億円と他のメガ銀…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]