/

この記事は会員限定です

社債発行額、最高視野に 超低金利追い風

沸き立つ社債市場(上)

[有料会員限定]

日本の社債市場が発行ブームに沸いている。国債利回りのマイナス圏定着で投資マネーが流入し、低コストでの調達の好機と見た企業も社債に傾斜。2019年は歴史的な発行ペースとなっている。ブームは社債市場育成を促す半面、超低金利のゆがみも広がっている。

「どの案件も売れ行きは絶好調。記録更新への確信が深まった」。ある証券会社の社債担当者は、国内企業が1日で過去最高の1.3兆円を起債した6日をこう振り返る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1579文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン