コミュニティータクシー、広がるか「小平方式」
News 潜望展望

2019/9/9 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都多摩地域北東部の3市で、道路が狭く交通が不便な地域の住民の足としてコミュニティータクシーが広がっている。ルート設定に住民が参加するのが特徴で、先行する小平市に続き、隣接する西東京、東大和両市も導入へ動く。人口増が続く郊外地域での独自の交通弱者対策として、注目を集めつつある。

小平市の「ぶるべー号」は、北東、北西、南東部の3路線を運行している。市内には鉄道8駅があるが「宅地の大規模開発が少な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]