/

耳石に優しい寝具、認定第1号商品に 奈良医大など

奈良県立医科大学と約100の企業などからなる「MBTコンソーシアム」(事務局・奈良医大内)が新商品などを認定する事業を始め、寝具の昭和西川(東京・中央)が発売したマットレスが第1号に認定された。

商品の説明にロゴマーク(左上)があしらわれている

「耳石に優しい・睡眠頭位調節マットレス」(税抜き5万8千円)の商品名で、同社の電子商取引(EC)サイトで発売した。折り畳むと三角柱状になり、もたれかかるようにして眠ることができる。パンフレットやサイトにMBTのロゴマークがあしらわれた。

奈良医大耳鼻咽喉・頭頸(けい)部外科学の北原糺教授との共同開発。「『ヘッドアップ』の就寝姿勢で良性発作性頭位めまい症(BPPV)の症状が改善された」とする同教授らの研究論文に基づいて商品開発した。BPPVは高齢女性のめまいの7割を占めるとされ、内耳にある「耳石」が剥がれて、就寝時などに三半規管に入ることで引き起こされる。

MBTは「医学を基礎とするまちづくり」の意味で奈良医大が提唱。医学の知見を商品開発やまちづくりに生かす目的で、2016年にコンソーシアムが発足した。今年7月から、会員企業が医学的エビデンスに基づくなどして開発した製品を第三者委員会で審査し、ロゴマークの使用を認める仕組みを導入した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン