時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,177,097億円
  • 東証2部 71,042億円
  • ジャスダック 92,947億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率14.36倍14.25倍
株式益回り6.96%7.01%
配当利回り1.99% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,492.68 +40.82
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,460 ±0

[PR]

マーケットニュース

フォローする

バークシャー、初の円建て債4300億円 海外企業で最大

2019/9/6 20:30
保存
共有
印刷
その他

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは6日、同社として初となる円建て債の発行条件を決めた。償還までの年限が5~30年の6本の社債で合計4300億円を集め、海外企業が発行する円建て債としては過去最大の発行額となった。

発行する社債は5年、7年、10年、15年、20年、30年の6本。このうち10年債は表面利率が0.44%で、発行金額は1465億円と6本の中でもっとも多かった。表面利率が0.17%の5年債の発行額も1085億円にのぼった。発行総額は2007年のシティグループの2700億円を抜き、海外企業の円建て債として過去最大だ。

バークシャーの信用格付けは「ダブルA」(米S&Pグローバル・レーティング)とトヨタ自動車(同ダブルAマイナス)より高い。「グローバル円債」という海外投資家も購入できる枠組みを活用した。長期金利がマイナス圏に沈むなか、知名度が高く財務が健全な同社の社債は、銀行や保険会社、資産運用会社など国内外の幅広い投資家から需要を集めた。

日本の社債市場は、海外に比べて小粒な起債が目立つ。今回、バークシャーが大型起債を成功させたことで、海外企業による円建て債の発行機運が高まる可能性がある。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

マーケットニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム