2019年9月16日(月)

富士吉田市長、富士山登山者「15万人ぐらいがいい」

南関東・静岡
2019/9/6 18:47
保存
共有
印刷
その他

山梨県富士吉田市の堀内茂市長は6日の記者会見で、富士山吉田口登山道の登山者数について「20万人をオーバーしないことを基準に、できれば15万人ぐらいが快適・安全に登山してもらえる数と考えている」と述べた。2019年夏の山梨県側の登山者数は8月末までの2カ月間で約16万人となっている。

記者会見する堀内富士吉田市長(6日、富士吉田市役所)

堀内市長は「かつては平均25万人ぐらいだったが、世界文化遺産登録以降、環境や安全のために登山者数を適正な数に抑えることを目標としている」と改めて強調した。

また登山者の死亡事故が起きたことを踏まえ、ヘルメットの着用について「強制はできないが、無料貸し出しを増やすなど呼びかけを進めている」とした。その上で、サイクリングではヘルメットをかぶることがファッションになっていることに触れ、「富士登山をする人にもファッションになるよう地道に啓発に努めていく」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。