AI社会を展望する(5) 未来の社会に楽観論と悲観論
公立はこだて未来大学教授 松原仁

やさしい経済学
コラム(経済・金融)
2019/9/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

AIが発展した未来がどうなるかについては、楽観的な見方と悲観的な見方が存在します。それぞれについて考えてみましょう。以下でAIとはソフトウエアとしてのAIと、AIを搭載したロボットの両方を指すものとします。

人間が仕方なくやっていることをAIが代行してくれることが期待されます。これによって人間は空いた時間に自分がやりたいことをできるようになります。超高齢化が進んだ社会で介護をサポートしてくれたり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]