沖縄知事「早く訪韓したい」サイトで交流呼びかけ

2019/9/6 18:32
保存
共有
印刷
その他

日韓関係の悪化を受け、沖縄県の玉城デニー知事は6日、県のホームページに日本語と韓国語で日韓の地域間交流を呼び掛けるメッセージを掲載した。7月に県を訪れた韓国人観光客は前年同月比5%減り、「このような状況が続くと各方面に損失が広がり、負の連鎖が起こる」と指摘。県は友好関係を模索する、とした。

同日、記者会見した玉城知事は「私自身もできるだけ早い時期に訪韓したい」と言及。観光需要回復を見据えたPRや、韓国内での観光関連の商談会開催に取り組んでいく。沖縄県の韓国人観光客は減っており、航空路線の減便も続く。例年、秋から冬にかけて韓国人観光客が増える傾向にあり、県内では宿泊キャンセルなどの影響が広がっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]