北陸の倒産件数1割増、8月民間調べ

2019/9/6 18:13
保存
共有
印刷
その他

帝国データバンク金沢支店がまとめた北陸3県の8月の企業倒産集計(負債額1000万円以上)によると、倒産件数は前年同月比13%増の17件だった。増加は5カ月連続。負債総額は同28%減の14億7800万円になった。

県別に見ると富山が9件、石川が3件、福井は5件だった。業種別では建設業が4件、製造業が4件だった。要因別では販売不振が88%を占めた。同支店は輸出メーカーで受注額が減少する動きがみられるとし、倒産件数については「当面は横ばいから増加懸念の状態が続く」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]