変幻トランプ流、焦って空転 増える「妄言」
本社コメンテーター 菅野幹雄

米中衝突
米大統領選
菅野 幹雄
Deep Insight
本社コメンテーター
2019/9/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

早朝に夜中に、たわいないツイートが続けざまに届く。受信通知のバイブ音で目を覚まされるのは、トランプ米大統領を追う記者の宿命だ。6400万人のフォロワーに勝手気ままに送りつけられる自賛と非難のメッセージと、その日常に慣れた世界。トランプ氏の奔放ぶりは一段と進んでいる。

対中関税を思いのままに拡大し、引き上げ、先延ばしする。減税を持ち出しては引っ込める。前言をくるくると翻す行動が混乱を招いていないか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

菅野 幹雄

本社コメンテーター

世界経済・米欧政治

東京、ベルリン、ロンドンで経済・政治を取材。脱デフレの財政・金融政策、ユーロ危機やEU動乱を報じた。18年春からはワシントンで「トランプの米国」が揺さぶる世界秩序の変貌を追う。著書に「英EU離脱の衝撃」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]