2/20 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 円下落、10カ月ぶり112円台 景気減速、新型肺炎懸念で[有料会員限定]
  2. 2位: 「日経平均優位」に潜む危うさ 先物空中戦、相場かく乱[有料会員限定]
  3. 3位: 前田道路、増配で「資産価値下げ」実るか 前田建TOB対抗[有料会員限定]
  4. 4位: 海外買収、大型案件相次ぐ 減損リスクも[有料会員限定]
  5. 5位: 前田道路、535億円の特別配当 敵対的TOB対抗で大幅上げ[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,377,741億円
  • 東証2部 73,520億円
  • ジャスダック 95,733億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.16倍15.89倍
株式益回り6.59%6.29%
配当利回り1.99% 1.99%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,479.15 +78.45
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,510 +140

[PR]

スクランブル

フォローする

嵐の後こそ好機あり、「復活企業」探しに動く投資家
証券部 富田美緒

2019/9/6 18:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場で「嵐」の後に底力を発揮しそうな企業を探す動きが広がりつつある。世界景気の減速懸念や米中摩擦、金融政策の動向を巡って投資家心理が揺れ動く局面は続く。だが、日本株に精通した投資家にとっては一進一退の相場で買いの好機を探るのは得意技のひとつ。業績の急激な悪化や資本関係の変化といった混乱の後にこそ、復活する企業が出てくるとの期待がにじむ。

「日本株はこの13年間で一番面白い局面にさしかかってい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム