道庁でシェイクアウト訓練、職員5000人が参加
北海道・全道停電1年

2019/9/6 17:07
保存
共有
印刷
その他

北海道胆振東部地震から1年の6日、大規模な地震を想定した訓練が行われた。札幌市の北海道庁では職員約5000人が一斉に身を守る行動をとる「シェイクアウト訓練」に参加。震度5強の地震を想定し、午前10時に緊急地震速報が出たとのアナウンスが庁舎内に流れると、職員が机の下に潜った。

札幌市でも液状化などの被害が出た(18年撮影)

鈴木直道知事は6日の記者会見で「災害を教訓として次の世代へと語り継ぎ、安全で安心な暮らしを送ることができるよう取り組む」と述べた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]