/

この記事は会員限定です

渇くメコン川 中国支配の懸念

B・アイラー米スティムソン・センター・ディレクター A・ザルツバーグ米ノースカロライナ大学チャペルヒル校ディレクター

[有料会員限定]

メコン川は、中国からラオス、タイなどを通ってベトナムから海へ流れ込む。現在、渇水の危機にひんしており、特に中国以外の流域国は直ちに行動する必要がある。行動しなければ、上流の水加減をコントロールできる中国が、川全体を支配する危険がある。

最近数カ月、メコン川の多くで、水位が歴史的な水準にまで低下したとされる。主要流域国のタイでは7月、北東部の灌漑(かんがい)施設が川から水をくみ上げられなくなり、軍隊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1587文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン