ラグビーW杯商戦、関西でキックオフ 商店街に屋台

2019/9/7 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ラグビーワールドカップ(W杯)の開幕まで2週間を切った。関西では神戸市と大阪府東大阪市で試合がある。会場には日本のファンのほか、訪日外国人客も多く訪れると見込まれる。神戸市では飲食店が午前0時まで営業する屋台を出し、試合後の観客を呼びこむ。近畿日本鉄道はビール飲み放題の「ビール列車」を運行する。関連商戦が盛り上がってきた。

W杯では開催期間(20日~11月2日)に48試合が実施される。公益財団法…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]