ヤマハ発、低価格・高性能なスマホ組み立てロボ

2019/9/6 15:50
保存
共有
印刷
その他

ヤマハ発動機は6日、スマートフォン(スマホ)の部品の組み立てなどに使う水平多関節型ロボット(スカラロボット)「YK400XE」を17日に発売すると発表した。最大の可搬重量は約4キログラムと約4割引き上げた。希望小売価格はコントローラーとセットで税別79万8000円。発売後1年で3650台販売する。

 ヤマハ発動機が発売する水平多関節型のロボット(スカラロボット)の新製品「YK400XE」

新製品は低価格に抑えながら高精度・高機能を確保した従来機種の後継モデル。国内の他社製品と比べても全ての性能面で上回り、実勢の価格も安いという。

ヤマハ発は17~21日まで中国・上海で開かれる国際的な工業の総合見本市「中国国際工業博覧会」に新製品を出展する予定だ。中国向けに低価格帯のスマホを製造するメーカーに売り込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]