第一関門はインターン 採用直結型が増える
2020就活まるわかり(2)

就活
2019/9/12 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

就職活動の最初のステップがインターンシップ(就業体験)だ。大学生や大学院生が企業を訪問し、仕事や職場の雰囲気を体験する。インターンが定着した最近では、企業側もプログラムに工夫を凝らす。一般的な説明会やオフィス・工場などの見学会に加え、グループワークを通して業務の流れを体験させるやり方も増えてきた。

インターンシップの実施時期は、大学3年生の夏以降が多い。夏休みシーズンの7~8月が最初のピーク。そ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]