/

この記事は会員限定です

重なる指紋でも人物特定、警察庁実用化へ 波長で識別

[有料会員限定]

科学捜査に不可欠な指紋採取の分野で、警察庁が世界でも最先端といえる技術の実用化に乗り出す。従来の手法では複数が重なり合った「重複指紋」から個別のものを採取できなかったが、レーザー光線の反射光を解析できる新装置を使えばそれぞれを画像で表示できる。性能を向上させた後に全国の警察に配備する方針で、捜査現場の強力な武器となりそうだ。

「今まで採れなかった指紋が採ることができる世界初の技術。実用化できれば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り796文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン