オグラ金属、災害用ロボ参入 現場探査、農業応用も

2019/9/6 14:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

板金加工のオグラ金属(栃木県足利市)は、災害現場の探査用ロボットの製造・販売に参入する。損壊した建物など人が立ち入れない場所に入って現状を撮影できるロボットを、2020年度から販売する。将来は農業への応用も検討する。板金加工の生産性向上に向けて蓄積した自動化や人工知能(AI)の技術を生かし、新たな収益の柱に育てたい考えだ。

開発中の災害用探査ロボットはコントローラーを使って操縦する。クローラー(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]