京都府、京アニ義援金の専用口座 控除の対象に

2019/9/6 13:55
保存
共有
印刷
その他

京都アニメーションのスタジオ(京都市)で起きた放火殺人事件を巡り、京都府は6日、同社への義援金の専用口座を設けると発表した。同口座に振り込まれた義援金は所得税などを算出する際の控除対象になる。受け入れ期間は9日から10月31日まで。

京都府の西脇隆俊知事は「支援者の方々の思いが被害者らに届くのが大切だ」と話した(6日午前、京都市)

京都府、日本赤十字社京都府支部、京都府共同募金会の3者が専用の口座を設ける。個人が同口座に振り込んだ義援金は「特定寄附金」の対象となり、所得税などの算出の際に控除の対象となる。企業なども税法上の控除が受けられる。

すでに京都アニメーションに寄せられた支援金も専用口座に移管し、税制上の優遇措置の対象にする。

京都府は同日、義援金配分委員会を設置したと発表。集まった義援金などのとりまとめを担うほか、同委員会が決定する基準に基づいて被害者や遺族に義援金を配分する。京都府の西脇隆俊知事は「(京アニ側の)被害者への支援金は事業再建の第一歩という意向を尊重した」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]