災害耐性で競争力を、製造業にBCPが浸透中
北海道・全道停電1年

北海道地震
2019/9/6 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業が災害に備えるBCP(事業継続計画)への関心が高まっている。帝国データバンクによると、5月に実施した調査でBCPを策定意向とした北海道の企業は43%と、前年から7ポイント増えた。従業員の安否確認や情報システムのバックアップをはじめ、ブラックアウトで被害の大きかった農業や水産業でBCPの策定を急ぐ経営者が多い。

胆振東部地震の発生以前、企業誘致の売り文句は「自然災害の少ない地域」とされてきた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]