白血病の池江選手が応援 公の場は病気公表後初

2019/9/6 13:16
保存
共有
印刷
その他

 競泳の日本学生選手権を観戦に訪れ、談笑する池江璃花子選手(中央、6日午前、東京辰巳国際水泳場)=共同

競泳の日本学生選手権を観戦に訪れ、談笑する池江璃花子選手(中央、6日午前、東京辰巳国際水泳場)=共同

白血病と闘っている競泳女子の池江璃花子選手(19)=ルネサンス=が一時退院し、6日に東京辰巳国際水泳場で開幕した日本学生選手権を観戦に訪れ、今春に入学した日本大を応援した。2月の病気公表後、試合会場などの公の場に姿を見せるのは初めて。

池江選手は顔にマスクをつけ、青色の日本大のシャツを着用。プールサイドで日本大のチームメートらと談笑する場面もあった。マネジメント会社によると、試合観戦は本人の強い希望で、この日は体調が良かったため実現したという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]