/

無償化、内閣府令また誤り 80カ所に「初歩的ミス」

10月から始まる幼児教育・保育無償化の内閣府令に43カ所の誤りがあった問題を巡り、宮腰光寛少子化対策担当相は6日の記者会見で「誤りは全体で80カ所程度あった」と述べ、さらに約40カ所のミスがあったことを明らかにした。宮腰氏は「大変遺憾だ。初歩的なミスが多く言い訳できない。最終的な精査をするよう厳命した」と語った。

内閣府によると、約40カ所の誤りは主に誤字脱字といい、内容を精査し、9月中に官報で訂正する予定。宮腰氏は「再発防止を徹底し、無償化の円滑な施行に万全を期す。地方自治体の実務に支障を来すことがないよう丁寧に説明していく」とした。

先の通常国会で改正子ども・子育て支援法が成立したことを受け、運営の基準などを定めた内閣府令が5月末に公布された。だが無償化の実務を担う自治体から条文が誤っているとの指摘があり、内閣府が調べていた。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン