/

ウエルシア、宝島社と共同開発のエコバッグ

ウエルシアホールディングスと宝島社(東京・千代田)が共同で開発したエコバッグ(柄は右からしろくま、フクロウ、はりねずみ)

ウエルシアホールディングス(HD)は宝島社(東京・千代田)と共同で開発したエコバッグの販売を始めた。北欧をイメージした柄が特長。ウエルシアHDは2025年までにプラ製のレジ袋を全廃すると宣言、レジ袋を持参した人にポイントを付与する優遇策に取り組む。宝島社のプロデュースするブランドを生かし、エコバッグの定着を目指す。

商品名は「kippis(キッピス)ウエルシアエコバッグ」。宝島社が12年に立ち上げたライフスタイルブランド「kippis」と共同開発した商品。サイズは縦36センチメートル、横30センチメートル。コンパクトに折りたたむことも可能。キッピスのオリジナル柄「しろくま」「はりねずみ」「フクロウ」の3種類を用意した。価格は税別498円。全国のウエルシア薬局で販売する。

ウエルシアHDは25年までにプラ製のレジ袋の全廃を宣言し、買い物袋を持参した人に「Tポイント」を付与するなどの優遇策でレジ袋の持参を促す。持参のレジ袋の定着を狙いキッピスとコラボレーションしたエコバッグを制作した。

同製品は素材にペットボトルを再生した「再生ポリエステル」を採用した。環境に負荷が少ないと認められる商品などに付与される「エコマーク」も取得した。

キッピスブランドがコラボレーション商品を開発するのは今回で16社目。北欧の自然や暮らしをイメージした柄が特長。「生活の中でデザインを楽しむ」という理念のもとファッション雑誌や雑誌付録への知見をいかして服飾雑貨やコーヒー、ヘアケアなどの商品をこれまで開発している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン