大日本住友、3200億円で英社の新薬候補取得へ

2019/9/6 12:23
保存
共有
印刷
その他

大日本住友製薬は6日、製薬スタートアップ企業の英ロイバント・サイエンシズと戦略的提携について基本合意したと発表した。交渉を経て、同社の子会社の買収や新薬開発を効率化させるソフトウエアの取得、ロイバントへの10%以上の出資を目指す。投資額は総額30億ドル(約3200億円)となる。正式契約は10月末の予定だ。

ロイバントの子会社5社の取得を通じて新薬候補を獲得する。2019~22年度に複数の製品が米国で承認を得る見込み。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]