エイサー、1キロ切る14型ノートやクロームブック発表

2019/9/6 14:13
保存
共有
印刷
その他

990グラムの14型ノートパソコン「Swift 5」

990グラムの14型ノートパソコン「Swift 5」

日経クロステック

台湾パソコン大手の宏碁(エイサー)は4日、独ベルリンで開催される欧州最大の家電見本市「IFA」に先駆けてプレスカンファレンスを開き、多数のノートパソコンやモバイルワークステーション、ゲーミング向け新製品を発表した。

発表会にはエイサー最高経営責任者(CEO)のジェイソン・チェン氏が登壇。「毎年IFAで製品を発表しているが、今回のエイサーは一味違う。教育、コンシューマー、エンタープライズのすべての市場に向けてエイサーのイノベーションをお届けする」と話した。

エイサーのジェイソン・チェンCEO

エイサーのジェイソン・チェンCEO

薄型ノートパソコンの新製品として14型「Swift(スウィフト)5」の新モデルを発表した。厚さ14.95ミリメートル、重さ990グラムの薄型軽量が特徴で、エイサーによれば14型ノートパソコンとして世界最軽量だという。

CPU(中央演算処理装置)には米インテル製の第10世代Core i7プロセッサー、画像処理半導体(GPU)には米エヌビディア製のGeForce(ジーフォース)MX250を搭載した。EMEA(欧州・中東・アフリカ)地域では9月に発売し、価格は899ユーロからである。

米グーグルの基本ソフト(OS)を搭載するノートパソコン「クロームブック」の新製品は、15.6型の「315」、14型の「314」、11.6型のコンバーチブルモデル「Spin(スピン)311」、11.6型の「311」の4機種を発表した。教育市場だけでなく、企業向けの展開も加速していくという。

15.6型のクロームブック

15.6型のクロームブック

エイサーが4月に米ニューヨークで発表したプロフェッショナル向けブランド「ConceptD(コンセプトD)」の新製品として、17.3型の「9 Pro」や15.6型の「7 Pro」を発表した。GPUにはエヌビディア製のQuadro(クアドロ)RTX 5000を搭載したモバイルワークステーション製品である。

ConceptD 9 Pro

ConceptD 9 Pro

ゲーミングブランド「Predetor(プレデター)」からは、薄型ゲーミングノートパソコン「Triton(トリトン)300」や、マッサージ機能を備えたゲーミングチェアの新製品「Thronos Air(スロノスエアー)」を発表した。

Predator Thronos Air

Predator Thronos Air

次世代のeスポーツプラットフォームとして、「Planet9(プラネット9)」を発表した。コミュニティーからのチームづくり、コーチングや戦績管理、トーナメントの開催などを通して、eスポーツチームを支援する様々なサービスを提供するという。4日よりクローズドベータを開始し、2020年1月にオープンベータに移行するとした。

(ライター 山口健太)

[日経 xTECH 2019年9月5日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]