「植物肉」市場が本格離陸 米外食、相次ぎメニューに

2019/9/6 11:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

植物由来の材料で作る「プラントベースドミート(植物肉)」の市場が急速に広がっている。8月に米バーガーキングが販売地域を全米に拡大、「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」の運営企業も試験販売に乗りだした。健康や環境保護をうたって注目を集める植物肉はいまや、外食各社にとって若い顧客の開拓に欠かせない存在。米ビヨンド・ミートなど先行する新興企業に追随するため、大手の食肉・食品企業もこぞって参入し始め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]