/

この記事は会員限定です

「植物肉」市場が本格離陸 米外食、相次ぎメニューに

[有料会員限定]

植物由来の材料で作る「プラントベースドミート(植物肉)」の市場が急速に広がっている。8月に米バーガーキングが販売地域を全米に拡大、「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」の運営企業も試験販売に乗りだした。健康や環境保護をうたって注目を集める植物肉はいまや、外食各社にとって若い顧客の開拓に欠かせない存在。米ビヨンド・ミートなど先行する新興企業に追随するため、大手の食肉・食品企業もこぞって参入し始めた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1805文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン