ドバイと岩崎邸の「パーム」 芸術文明史家 鶴岡真弓

エッセー
2019/10/8 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

札束が空を舞っています。20年前ドバイから友人のK氏が便りをくれた。私も恐る恐るその後この町へ降り立った。

栄華を象徴する建築は、海上に建設された「パーム・ジュメイラ」。人工衛星から捉えると「ナツメヤシ」の葉を広げた形をしている。この一点に「売り」があり、全ての豊かさの意味がそこに集中していた。

中東国一の繁栄をシンボライズする為にはこの樹と葉のデザインでなければならない。上空からの眺めなら円形…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]